葉酸サプリをよく知る

妊活中の女性や妊婦に必要な葉酸ですが、今多くの種類の葉酸サプリがお店やネットで販売されており、気軽に購入することができます。
同じ葉酸サプリでもメーカーによって含まれている成分が違うため、「結局どれを選べばいいのか分からない!」と悩む方が多いと思います。

今回はおすすめ葉酸サプリのランキングと葉酸サプリの基礎知識などをまとめましたので、自分の体質や現在の健康状態をよく知った上で葉酸サプリ選びのご参考になれば幸いです。

注目は葉酸の含有量と種類!化学合成された葉酸は避けるべし

葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素の1つです。
厚生労働省によると、妊活中や妊娠、授乳中の人に望ましい1日の摂取量は食事から240マイク ログラム、サプリメントで400マイクログラムとされています。
そのため、ほとんどの葉酸サプリは1~2粒の含有量が400マイクログラムに設定されてい ます。

また、葉酸には天然と化学合成の2種類があります。

食品中に含まれるポリグルタミン酸型は複数のグルタミン酸が結合しており、化学合成されたモノ グルタミン酸型はグルタミン酸1つが結合しています。
ポリグルタミン酸型は体の中でモノグルタミン酸型に分解され、それから取り込まれるため吸収率は 50%程度になりますが、対してモノグルタミン酸型の吸収率は85%です。

天然の葉酸は野菜や酵母などの食品から抽出したポリグルタミン酸型をモノグルタミン酸型に加工したものですが、化学合成の葉酸は化学薬品や石油から作られ たモノグルタミン酸化型が使用されています。

化学合成の葉酸の場合は赤ちゃんが喘息になるリスクが高まる危険性があるため、サプリメントを選ぶ際は必ず天然の葉酸を選ぶようにしましょう。



ビタミンや鉄分も配合されたサプリを!妊娠中に不足しがちな栄養を効率的に補給

葉酸は他の成分と助け合うことで力を発揮する栄養素です。

ビタミンB6、B12が配合されていると、つわりを軽減して貧血を予防する働きがあります。
ビタミンCは葉酸を活性化させて免疫力をアップさせる働きをします。
妊娠中は不足しやすい鉄分の吸収を助ける効果もあるので、鉄分も一緒に配合されているものを選びましょう。

ビタミンは体内で作ることができない上に、体内に留めることができない栄養素です。
毎日の食事から摂取し続ける必要がありますが、妊娠中の必要量を毎日摂取するのは非常に難しいため、サプリメントで効率的に補いましょう。

また、添加物や保存料などが含まれていないものを選ぶという事も大切です。
赤ちゃんや胎児は内臓の機能が十分に発達していません。
肝臓の解毒作用が弱いため、添加物や保存料の影響を受けやすくなります。
添加物は体内に蓄積され、アレルギーを引き起こすアレルゲンとなる危険性もあります。



医薬品GMP認定は信頼できるサプリの証!

そして最も大切なことは、そのサプリがきちんとした管理体制で作られているかどうかです。
表示通りの成分が配合されているかどうかは、口に入れても判断することができません。

そのため、製造や管理体制がしっかりしていて、第三者機関の検査を受けている商品をことが大切です。

GMPマークは原材料から製造、出荷まで全ての過程で製品が安全に作られ、一定の品質が保たれていることを示す製造工程管理基準(GMP)を満たした健康食品に付けられるマークです。
特に医薬品GMP認定は健康食品GMP認定よりも、更に品質管理が徹底して行われています。
国内の医薬品GMP認定を受けた工場で生産されている葉酸サプリを選ぶようにしましょう。



自分に合った葉酸サプリを

葉酸サプリは種類が多く、選び方に迷ってしまう人が多いです。
天然の葉酸が1~2粒で400マイクログラム配合されており、ビタミンや鉄分など妊娠中に不足しがちな栄養素も一緒に補えるサプリを選びましょう。

医薬品GMP認定マークがついたものは、品質管理が徹底された製品の証です。
毎日口にするサプリメントなので、安心安全でしっかりと効果があるものを選ぶことが大切です。