ゆめやの葉酸サプリ特徴

妊娠中期、後期、授乳中まで継続して飲める

ゆめやの葉酸サプリで使っている葉酸はモノグルタミン酸型です。
葉酸には2種類あり、天然の食物から取れる葉酸はポリグルタミン酸型です。

ポリグルタミン酸型の葉酸は消化の過程でモノグルタミン酸型に分解され、それから体内で利用されます。
そのため、体内での利用効率は約半分になってしまいます。

胎児の神経管閉鎖障害を防ぐには、妊娠超初期に普段の3倍の葉酸を毎日摂取している必要があります。
そのため、厚生労働省はモノグルタミン酸型の葉酸をサプリで摂取するように勧めています。


妊娠中期では、赤ちゃんの歯や骨が作られていきます。
どんどん成長していきますので血液も必要です。
ゆめやの葉酸サプリには、歯や骨を作る元になるカルシウムが多く含まれています。
鉄分も配合していますので、赤ちゃんはもちろん、お母さんの貧血予防にも効果を発揮します。


ゆめやの葉酸サプリにはDHAも含まれています。
DHAは頭の回転を良くする栄養素としてよく知られています。

おなかの赤ちゃんの脳のDHAは妊娠20週目から増えていきます。
この期間にお母さんがしっかりDHAを補給していると、赤ちゃんの脳は健全に発達していきます。
青魚由来のDHAでは水銀を含んでいることがあり、おなかの赤ちゃんには危険ですので、ゆめやの葉酸サプリでは藻から抽出したDHAを使っています。


妊娠1カ月前から妊娠3カ月までは、神経管閉鎖障害の予防のため、普段の食事で取っている葉酸の量に加えて毎日400μg摂取しなければなりません。
必要な量は徐々に減り、授乳中はプラス100μgを摂取するように指導されています。

ゆめやの葉酸サプリは4粒で400μgを摂取できるように作ってありますので、葉酸の過剰摂取にならないように調整することができ、便利です。


ゆめやの葉酸サプリが安全・安心な理由

富山県で30年以上健康食品を作り続けている共和薬品株式会社が製造しています。
原材料の受け入れから製造、出荷まで厳しい検査基準のあるGMPをクリアした国内で最高レベルの工場で葉酸サプリを生産しています。

残留農薬と放射能が含まれていないことは日本食品分析センターで検査・確認済みです。


商品のサポートセンターのオペレーターは、子育て経験のある女性、妊娠の悩みを理解できる女性たちです。
妊活中・妊娠中はいつもより気にしなければいけないことが多く、不安になりがちです。
ゆめやの葉酸サプリなら、気になったことは何でも電話で気軽に相談できるので安心ですね。




同じカテゴリーの最新の記事

  • ゆめやの葉酸サプリ特徴

    妊娠中期、後期、授乳中まで継続して飲める ゆめやの葉酸サプリで使っている葉酸はモノグルタミン酸型です。 葉酸には2種類あり、天然の食物から取れる葉酸はポリグルタミン酸型です。 ポリグルタミン酸型の葉酸は消化の過程でモノグルタミン酸...


  • オーガニック葉酸サプリ特徴

    天然由来100%にこだわった葉酸サプリ オーガニック葉酸サプリはキヌアを主原料としています。 キヌアはホウレンソウの仲間で、ずっと昔からアンデス地方の人たちは穀物として食べてきました。 葉酸をたっぷり含んでいるだけでなく、ビタミン...


  • 葉酸サプリ「ベジママ」特徴

    葉酸サプリ「ベジママ」は妊活ママを応援 不妊の原因の1つに多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん:PCOS)が挙げられます。 赤ちゃんが欲しくても、なかなか妊娠できない女性の10人に1人が多嚢胞性卵巣症候群というデ...


  • ベルタ葉酸サプリの特徴

    ベルタ葉酸サプリの葉酸は出来が違う ベルタ葉酸サプリは吸収しやすいモノグルタミン酸型 葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型の2種類があります。 ポリは「たくさんの」という意味で、自然界の葉酸はみんなポリグルタミン酸型です...