葉酸サプリ「ベジママ」特徴

葉酸サプリ「ベジママ」は妊活ママを応援

不妊の原因の1つに多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん:PCOS)が挙げられます。

赤ちゃんが欲しくても、なかなか妊娠できない女性の10人に1人が多嚢胞性卵巣症候群というデータもあります。
多嚢胞性卵巣症候群の人は、卵巣の中に卵胞はたくさんできるのですが、卵子を排出できるほどには卵胞が成熟せず、中途半端な卵胞が卵巣の中にどんどんたまっていきます。
排卵が起こらないので妊娠できません。


ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群の治療に使われている水溶性のビタミンです。
ブーゲンビリアから発見されました。

多嚢胞性卵巣症候群の人は、卵巣内のインスリンの効きが悪くなっていることが多いです。
インスリンの働きが悪いと血糖値が上がり、男性ホルモンが増えます。
男性ホルモンは卵胞が成熟するのを妨げます

ピニトールはインスリンの働きを調整し、男性ホルモンが多くならないようにしてくれます。
結果として、卵胞が程よい大きさで毎月1~2個ずつ成熟し、安定した月経周期とともに毎月排卵されるようになります。
効き目には個人差がありますので、ピニトールを3~6カ月続けて飲みましょう。


ベジママは1日4粒飲むと、厚生労働省が妊娠初期や妊活中の女性に推奨している400μgの葉酸を摂取できます。
含まれる葉酸は厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型です。
この4粒の中に妊娠を助けるピニトールが240μgも入っています。

葉酸の働きを助けるビタミンB12、卵子と精子の質を良くするビタミンE、ビタミンC、ルイボスも入っています。
ベジママは妊娠しやすい体に整え、妊娠後はおなかの赤ちゃんが神経管閉鎖障害にならないように守ってくれます。


葉酸サプリ「ベジママ」は安心・安全

ベジママの原料は国内の工場で製造したアイスプラントです。
アイスプラントは葉酸以外にもピニトール、カルシウム、鉄を含む優れた野菜です。

完全閉鎖型植物工場で徹底的な品質管理の下、製造していますので、クリーンな環境で、1年を通して同じ品質のアイスプラントを製造できます。
原料の残留農薬や放射能のチェックは第三者機関がしています。

安全で安定した品質のサプリを安い値段で販売できるのは、ベジママが原材料の生産、サプリへの加工、販売もすべて自前の工場で行っているからです。

また、プライバシーにも気を配り、宅配で届いた荷物の中身が何かわからないようにパッケージしてあるのもうれしいですね。




同じカテゴリーの最新の記事

  • ゆめやの葉酸サプリ特徴

    妊娠中期、後期、授乳中まで継続して飲める ゆめやの葉酸サプリで使っている葉酸はモノグルタミン酸型です。 葉酸には2種類あり、天然の食物から取れる葉酸はポリグルタミン酸型です。 ポリグルタミン酸型の葉酸は消化の過程でモノグルタミン酸...


  • オーガニック葉酸サプリ特徴

    天然由来100%にこだわった葉酸サプリ オーガニック葉酸サプリはキヌアを主原料としています。 キヌアはホウレンソウの仲間で、ずっと昔からアンデス地方の人たちは穀物として食べてきました。 葉酸をたっぷり含んでいるだけでなく、ビタミン...


  • 葉酸サプリ「ベジママ」特徴

    葉酸サプリ「ベジママ」は妊活ママを応援 不妊の原因の1つに多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん:PCOS)が挙げられます。 赤ちゃんが欲しくても、なかなか妊娠できない女性の10人に1人が多嚢胞性卵巣症候群というデ...


  • ベルタ葉酸サプリの特徴

    ベルタ葉酸サプリの葉酸は出来が違う ベルタ葉酸サプリは吸収しやすいモノグルタミン酸型 葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型の2種類があります。 ポリは「たくさんの」という意味で、自然界の葉酸はみんなポリグルタミン酸型です...