葉酸サプリについて カテゴリ一覧

葉酸サプリを摂り忘れてしまった場合!

葉酸サプリを摂取していないのに妊娠していた場合 妊娠に気が付いてから葉酸の重要性を知った女性もいるでしょう。 厚生労働省の勧告には、おなかの赤ちゃんが神経管閉鎖(しんけいかんへいさ)障害を起こさないために、お母さんは妊娠する1カ月前から葉酸サプリを飲みましょうと書いてあります。 ダウン症などの先天異常を避けるためには、お父さんは3カ月前に葉酸サプリを飲み、健全な遺伝子を持った精子を作って...


厚生労働省も勧める葉酸!

厚生労働省が葉酸を勧める理由 神経管閉鎖障害を予防するためです。 神経管閉鎖障害とは非常に深刻な先天異常です。 胎児の体は脳やせき髄の元になる神経管から形作られていきます。 葉酸には細胞の設計図を正確にコピーするよう助け、設計図通りに細胞を作る働きがあります。 胎児の脳やせき髄が作られている時に、お母さんの体の中に葉酸が足りないとコピーがうまくできず、神経管の一部がふさがり、脳やせき...


葉酸サプリに含まれる添加物とは?

厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸サプリ おなかの赤ちゃんのためには天然由来で無添加の葉酸サプリが良いと考える人は多いと思います。 無添加天然をうたっている妊婦用の葉酸サプリは多いですし、値段も高めです。 厚生労働省が特定の栄養を摂取するよう私たちに指導するときは、サプリではなく食事で取るように励ますことがほとんどです。 なぜ厚生労働省は、葉酸に関しては、妊婦や妊娠を計画している女性...


葉酸サプリの摂りすぎはダメ?

葉酸サプリは過剰摂取になりやすい 耐用上限量とは、栄養素の過剰摂取による健康被害を防ぐために厚生労働省が定めた数値です。 葉酸にも耐用上限量があります。 1日1,000μgです。 耐用上限量は十分な余裕を持って定められていますし、1日超えたからと言って直ちに健康被害を招くわけではありません。 しかし、長期間に渡って耐用上限量を超えて摂取を続けると、体に良い栄養素ではあっても体に害を及...


葉酸サプリとアレルギー体質

葉酸サプリの葉酸以外の成分がアレルギーを起こす場合 妊娠中、お母さんの体は、おなかの赤ちゃんのためにどんどん栄養を取り込もうとします。 アレルギーの元になる物質についても普段より多く吸収してしまうので、妊娠中はアレルギーを起こしやすくなっています。 葉酸がアレルゲンになる人は多くありませんが、葉酸サプリの添加物がアレルゲンになる場合があります。 天然の葉酸の中には大豆に由来する葉酸もあ...


葉酸サプリを摂取する時間帯

葉酸サプリの効果を最大限に引き出すタイミング 食後2時間目、胃の中に何もない時に水かぬるま湯と一緒に飲むことをお勧めします。 胃の粘膜が荒れないように多めの水で飲みましょう。 コップ1杯半くらいがお勧めです。 葉酸サプリは水溶性のビタミンですので、胃の中が空っぽの状態で水かぬるま湯と一緒に飲むと葉酸サプリの栄養素だけが体に吸収され、お母さんの体全体を巡り、おなかの赤ちゃんにも届きます。...


葉酸サプリと薬の飲み合わせ

葉酸サプリの効果を弱める薬 ピル(経口避妊薬) 生理周期を安定させるため、妊娠しないようにするためにピルを服用する人がいます。 ピルは葉酸が腸から吸収されるのを妨げます。 万が一、ピルの服用中に妊娠が発覚した場合、病院に行った時、おなかの赤ちゃんはすでに神経管閉鎖障害を起こしている可能性があります。 睡眠薬ゾピクロンとニトラゼパム 体内での葉酸の働きを助ける葉酸還元酵素の働きを...


葉酸以外に必要な栄養素

おなかの赤ちゃんのために必要な栄養素 カルシウム おなかの赤ちゃんの歯や骨を作るために欠かせない栄養素です。 お母さんの血液中に、おなかの赤ちゃんに送るカルシウムが足りないと、お母さんの骨や歯のカルシウムを溶かして赤ちゃんに回します。 カルシウム不足が続くと、赤ちゃんを出産した後にお母さんの歯がもろくなったり、骨密度が下がったりします。 カルシウムだけを摂取しても骨にはなりません。 ...


葉酸サプリの摂取期間は?

葉酸サプリを飲まなければいけない期間 「無脳症」という言葉をご存じでしょうか。 受精卵から胎児に成長していく過程で、最初に形作られるのが脳やせき髄の元になる神経管ですが、神経管の一部がふさがってしまうと、脳が発達しません。 額から上がなく、たとえ生まれた時に心臓が動いていたとしても数時間で息を引き取ってしまうことがほとんどです。 神経管の下の方がふさがり、せき髄に障害がでるケースもあり...


葉酸を多く含む食べ物

葉酸を多く含む自然の食品 葉酸はホウレンソウの葉っぱから発見された水溶性のビタミンです。 生でも食べられる新鮮なホウレンソウであれば、4人家族で1束食べても1人105μgは摂取できます。 ゆでると葉酸は失われますが、それでも半分は残っています。 モロヘイヤブロッコリー、アスパラガスなどの緑の野菜に含まれる葉酸もホウレンソウと同じくらいです。 サニーレタスやシソの葉酸はホウレンソウの半...


葉酸サプリには副作用があるの?

葉酸の摂取量が1,000μgを超えるとどうなるか 葉酸は水に溶けやすいビタミンですので、加熱調理は言うまでもなく、野菜を洗うだけでも失われてしまいます。 また、取りすぎた葉酸は尿と一緒に排せつされるので、普段の生活で葉酸を過剰摂取してしまうことはまずありません。 しかし、サプリメントは体に吸収しやすいように作られているため、体に良いからと一日に何粒も飲むと1,000μgを超えてしまいます...


葉酸サプリの価格の違い

妊活中から妊娠中・授乳中と女性にとって欠かすことのできない葉酸。 しかしながら食事から必要量を摂取するのは難しいためサプリメントを利用している方が多いです。 葉酸サプリといってもピンからキリまであり、安いものだと500円ほど、高くなると3000円以上するようなものもあります。 毎日続けるためには安い方がよいですが、赤ちゃんに関わるものだけにあまりに安いものは品質が不安です。 安い理由と...


葉酸サプリの成分と栄養素

葉酸とは水に溶ける水溶性ビタミンのひとつでビタミンB群の仲間で造血ビタミンやビタミンMとも呼ばれます。 ほうれん草やブロッコリー等の緑黄色野菜、レバー、うなぎ、果物ではイチゴ、バナナ、みかん、キウイに含まれます。 熱、水、光に弱い為、加熱や水で洗ったり明るい場所に保管していると栄養が失われる為 調理にはちょっとした工夫が必要になります。 このように食品からの摂取が難しい為、サプリメ...


葉酸サプリは本当に安全性?

葉酸サプリの成分は、基本的にはビタミンやミネラルなどの安全性が認められているものなので、妊婦でも安心して飲むことができます。 妊娠をしている時期に葉酸が不足すると胎児の神経組織が未発達のままになるので、これを防ぐためにサプリメントを摂取することが良いとされています。 デメリットとしては、価格が安いものでも毎月2千円程度の費用が必要になることですが、葉酸を摂取するために野菜をたくさん食べるよ...


葉酸サプリの正しい選び方とは?

胎児に必要な栄養素として注目される葉酸ですが、日常の食事で充分な量を摂取することは困難です。 胎児の発育に大きく影響する栄養素ですので、厚生労働省では、妊娠中に葉酸サプリを摂取することを推奨しています。 最近では産婦人科医も勧めるようになっており、妊娠中だけでなく妊活中、授乳中にも葉酸サプリを摂取する女性が増えています。 そこで気になるのが葉酸サプリの正しい選び方です。 多くの妊婦が摂...